2010年06月07日

財政健全化めぐり議論=G20財務相会合が開幕(時事通信)

 【釜山時事】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が4日夜、韓国・釜山で開幕した。初日の夕食会は世界経済の現状や課題が主要テーマとなり、ギリシャ危機をきっかけとする欧州の債務問題が金融部門や世界経済に波及しつつある現状を確認。財政健全化に向けた各国の取り組みや成長との両立論などについても協議したとみられる。
 夕食会には日本から白川方明日銀総裁と玉木林太郎財務官が出席。首相交代と日程が重なったため、財務相の出席は見送られた。金融規制などを協議する5日の会合には峰崎直樹財務副大臣も参加する。 

【関連ニュース】
財政再建へのシフトを期待=デフレ克服策で圧力の不安も
G20、代理出席も厳しく=内閣総辞職で空白に
日銀理事に雨宮氏=企画局長には櫛田氏-3日付
ギリシャ問題は「目覚まし時計」=財政健全性で市場の信認を
物価安定でも金融不安あり得る=政治的独立重要

<諫早干拓>農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
樽床氏、普天間「鳩山首相の考え受け止める」(産経新聞)
連立合意順守を確認=参院選、国会対策でも協力―国民新・社民(時事通信)
「普天間どうなる? 」「無責任」=県民に驚き、厳しい声―沖縄(時事通信)
「人間としてつぶやきたい」=ツイッターで辞任報告―首相(時事通信)
posted by veh9olx5ax at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。