2010年01月29日

金貨にロシア将校と日本人の名=日露戦争の捕虜収容病院跡から−松山(時事通信)

 松山市は26日、ロシア帝国時代の10ルーブル金貨にロシア軍将校と日本人の名前が刻まれているのが見つかったと発表した。出土したのは、日露戦争(1904〜05年)時に陸軍の捕虜収容所病院として使われていた松山城二之丸跡(同市丸之内)で、市埋蔵文化財センターは「捕虜となったロシア将校と日本人の友情の証だった可能性がある」としている。
 金貨は直径22.7ミリ、重さ8.6グラムで、現在の2万7千円程度の価値という。裏面に片仮名で「コステンコ ミハイル」「タチバナ カ」などと刻まれていた。
 「タチバナ…」は収容所に関係した日本人名とみられるが詳細は不明。ミハイル・コステンコは、当時の地元新聞に「収容所で治療中の24歳の少尉で、絵画がうまい」などと紹介されている。 

【関連ニュース】
【動画】中国アートフェア杭州
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
〔写真特集〕発掘・出土品
〔写真特集〕日本と世界の古文書
平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補

<観光ガイド>iPhoneかざすと史跡情報表示−−岐阜県と関ケ原町(毎日新聞)
大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)
女性死亡で押尾容疑者を起訴=保護責任者遺棄−裁判員裁判に・東京地検(時事通信)
自殺防止策強化へ=福島担当相(時事通信)
posted by veh9olx5ax at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。