2010年06月16日

「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長求刑】(4)完

 《懲役2年の求刑を受けた後、裁判長に促され証言台の前に立ったピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)。ゆっくりと日本語で、手にした書面を読み上げ始めた。英語なまりが強く残った片言の日本語だが、声は高く、はっきりと聞き取れる》

 被告「私が日本の皆さんに理解していただきたいことを2つ述べたいと思います。私が抗議活動に参加した理由ですが、日本の違法な捕鯨活動を抗議しようとしたのであり、乗組員にけがをさせようとする意図はありませんでした」

 《ベスーン被告はまず初めに反捕鯨論に簡単に触れ、そのうえで、捕鯨妨害で日本船の乗組員を傷つける意図がなかったことを強調した。そして改めて反捕鯨論を展開していく》

 被告「私は、日本には日本の、ニュージーランドにはニュージーランドの法律があり、捕鯨に対する考えが違うのも理解しています」

 「しかし、日本の調査捕鯨は実際は『商業捕鯨』であり、違法であるのに加えて、とても残酷です。クジラは錨(いかり)を撃ち込まれて血を流しながら死にます。そしてすぐに解体され、食用に加工されます。日本では高タンパク食品として取引されています」

 「そのような捕鯨活動は、商業捕鯨と変わりません。日本は調査捕鯨の名目で1万頭(のクジラ)を捕ってきました。これほど多いのは日本だけです。国際捕鯨委員会(IWC)も批判しています」

 《日本の調査捕鯨は国際取締条約で認められた合法行為で、IWCも容認している。調査のために捕獲されたクジラを、調査後に食用に加工することも合法行為だ。しかし、ベスーン被告は、こうした点にはまったく触れず、日本の調査捕鯨に対する一方的な批判を展開していく。ベスーン被告はかん高い声で、書面の読み上げを続けていく。ときおり証言台の側を歩き回りながら裁判長の方を向いたり、弁護側の方を見たりしている》

 被告「南極海は、私たちニュージーランド人にとってとても身近な海です。そこで違法な捕鯨活動をするのはとても攻撃的なことです。私は違法な捕鯨活動をやめさせようとして抗議活動をしました」

 《ベスーン被告はここで一度、読み上げを止める。そして、急に声のトーンを落とし、涙声になった》

 被告「ご迷惑をおかけした人には申し訳ない気持ちです。罪を軽くするためにおわびをする気持ちはありません。乗組員にけがをさせることは望んでいません。また、日本の皆さんに調査の実態を知ってもらい、捕鯨活動を中止してもらうことを希望しています」

 「アディ・ギル号は、私にとって特別なものでした。3億円のお金を出して、アイデアも自分で出して造りました。世界を何度も回りました。沈没したときは、心情的にも財産的にも大きなものを失いました」

 《アディ・ギル号への強い執着心を語るベスーン被告》

 被告「私は日本の皆さんに敵意を持っています」

 《こう言った後、ベスーン被告は、すぐに動揺したような様子を見せた。何か言い間違えたようだ。弁護人も気づいたのか、驚いた様子でベスーン被告を見る。ベスーン被告が慌てて言い直す》

 被告「敵意を持っていません。捕鯨活動をする人には敵意を持っていましたが、日本に来る前にそれが間違っているのに気づきました。今では、日本人は寛容で思いやりがあり、世界でもっとも尊敬できる人だと思っています。今では、(日本人に)敵意を抱くことはなく、違う考えを持っている人だと思っています」

 《南極海で日本船に侵入した後、身柄を拘束されたベスーン被告だが、日本に移送されるまでの間、捕鯨船団の日本人乗組員と一緒に食事をするなど、生活をともにしていた。その生活が、日本への感情を変えたと言いたいのだろうか》

 被告「日本の人々が私に悪い感情を持っていることは理解しています。私は私の考えで行動しました。誰も傷つけたくはありません。一日も早く尊敬する日本の人々と捕鯨に対する意見の対立が終わることを望みます」

 《ベスーン被告は、多和田隆史裁判長の方を向いて一礼し、意見陳述を終えた。後ろの傍聴席から見ると、両手を胸の前に持ってきて、祈るようにしているのが分かる》

 《多和田裁判長が、意見陳述の書面を裁判長に提出するよう弁護側に指示し、公判は終わった。次回の判決公判は7月7日午後3時半からの予定だ》

 =(完)

【関連記事】
[特集]シー・シェパード元船長 論告求刑公判
[特集]シー・シェパード元船長 第3回公判
[特集]シー・シェパード元船長 第2回公判
[特集]シー・シェパード元船長 第1回公判
シーシェパード元船長に懲役2年求刑

<南アW杯>鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮(毎日新聞)
<都議会>性描写漫画規制の条例改正案否決 総務委(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「チン、トントン」…優雅に時刻む「太鼓時計」復元(毎日新聞)
枝野新幹事長就任会見詳報(3)(産経新聞)
はやぶさ、地球帰還へ=豪州砂漠にカプセル落下―小惑星の砂に期待・宇宙機構(時事通信)
posted by veh9olx5ax at 20:59| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

財政健全化めぐり議論=G20財務相会合が開幕(時事通信)

 【釜山時事】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が4日夜、韓国・釜山で開幕した。初日の夕食会は世界経済の現状や課題が主要テーマとなり、ギリシャ危機をきっかけとする欧州の債務問題が金融部門や世界経済に波及しつつある現状を確認。財政健全化に向けた各国の取り組みや成長との両立論などについても協議したとみられる。
 夕食会には日本から白川方明日銀総裁と玉木林太郎財務官が出席。首相交代と日程が重なったため、財務相の出席は見送られた。金融規制などを協議する5日の会合には峰崎直樹財務副大臣も参加する。 

【関連ニュース】
財政再建へのシフトを期待=デフレ克服策で圧力の不安も
G20、代理出席も厳しく=内閣総辞職で空白に
日銀理事に雨宮氏=企画局長には櫛田氏-3日付
ギリシャ問題は「目覚まし時計」=財政健全性で市場の信認を
物価安定でも金融不安あり得る=政治的独立重要

<諫早干拓>農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
樽床氏、普天間「鳩山首相の考え受け止める」(産経新聞)
連立合意順守を確認=参院選、国会対策でも協力―国民新・社民(時事通信)
「普天間どうなる? 」「無責任」=県民に驚き、厳しい声―沖縄(時事通信)
「人間としてつぶやきたい」=ツイッターで辞任報告―首相(時事通信)
posted by veh9olx5ax at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。